一人暮らしだけど、2匹目の犬をお迎えしました~④子犬の噛み癖・・・ガブリエルねぎま・後編~

一人暮らしだけど、2匹目の犬をお迎えしました~④子犬の噛み癖・・・ガブリエルねぎま・後編~

こんにちわ、かわぴ@cawapiwithです!

前回の記事では、ねぎまの噛み癖と、改善方法(しつけの仕方)について紹介しました。

子犬の噛み癖は仕方ないとはいえ、そのまま放置すると、どんどん噛み癖はひどくなります。
今はまだ、対して痛くもないし、けがをすることもありません。ですが、成犬になっても噛み癖がなくならないと、人や他の犬を、けがさせてしまう可能性もあります。早めの対応と、しつけが大切ですね!

今回は、噛み癖が改善するまでの経過と、かかった期間についてお話ししようと思います。

 

1.子犬の噛み癖が改善するまでの、経過とやったこと

1-1.初めて噛みだしたのは、1月7日

ねぎまがいきなり噛み癖わんこになったのは、1月7日のことでした。
朝までは何も問題なく、2匹一緒に寝るくらいには仲良しだったのに、私が外出して帰ってくるまでの数時間で、いきなり噛むようになってしまっていたのです。

当日は、隙あらば私の手を噛もうとするし、つくねと遊ぶ時も、まず噛もうとして近づくような状態でした。
怒って吠えられても、しばらくするとまた、噛みつこうとして近づき、吠えられることの繰り返し。せっかく仲良くなってきていたのに、つくねが怒って、距離を置かれてしまいました。

 

1-2.噛んでもいいものを、すぐに用意

元々、歯がかゆくなったら噛んでもいいように、ハードタイプのチーズを用意していました。
ですが、1本しかなかったので、つくねと取り合いになってしまうという、想定外の事態に・・・。

というわけで、慌ててもう1本追加で用意。急いでいたので、実店舗で1100円ぐらいで購入しましたが、アマゾンだと、770円なんですね。
これからは、アマゾンで買おう・・・と思っていますが、ハードタイプのチーズなので、なかなかなくなりそうにありません。

大きさはこんな感じ、ねぎまがガブガブしている大きい方が「モンゴルストロング」です。
前歯から奥歯まで、どの歯でも噛める大きさ・形状のチーズなので、自分がかゆいところにあわせてガブガブできます。1kgくらいのパピヨンなので、Sサイズにするか悩みましたが、Mサイズにして正解でした。しっかり自分で抑えて、噛んでいます。

 

「かんでるコーン」も、おすすめです。
つくね(先住犬)が子犬のころに、与えていました。
ちょっと硬めのプラスチックみたいな質感です。モンゴルストロングより柔らかめなので、かじるとどんどんなくなります。噛み応えがいいみたいで、喜んで噛んでくれるので、しつけをするには使いやすい商品でした。
ハードタイプのチーズよりは減りやすいので、買い替え頻度が高くなりますが、普通のおやつよりはずっと長持ちします。

 

1-3.ガブリエルから、ペロリストへの誘導

前回の記事で紹介したしつけを行いながら、「手は噛むものじゃない」ということを教え込んでいきました。
しばらくすると、手は噛まずに、舐めるようになりました。

ガブリエル・ねぎまから、ペロリスト・ねぎまへの進化です。

手は、なでてくれたり、抱っこしてくれたり、おやつをくれたりする、いいものだ。噛むものではない。と認識してくれるようになりました。

 

 

2.子犬の噛み癖が改善するまでに、かかった期間

2-1.ガブリエル爆誕、初日

初日はとにかく、なんでも噛むような状態でした。
私のことも、先住犬のことも、ガブガブ・・・すぐにしつけ開始しました。

 

2-2.1週間後、1月14日の状態

1週間後には、やたら無意味に噛みまくることはなくなりました。
いきなりつくねに噛みつくことも少なくなりましたが、まだ、遊びの延長でたまに噛みつくことはある状態。つくねの回避技術がアップしました。

歯がかゆくなったら、自分でチーズを持って行って、好きな場所で噛んで遊ぶようになりました。場所にもこだわりがあるのか、大きいチーズを引きずって、好きな場所に運んでいましたね。

 

2-3.2週間後、1月21日の状態

2週間経つと、いきなり噛みつくことはほとんどなくなりました。

遊びの延長で噛みつくことも、ほぼなくなり、つくねの真似をして「口を開けるだけの威嚇」をするように変化してきましたね。
口を開けるだけで、実際に噛みつきはしないです。つくねも先輩犬として、しつけを手伝ってくれたおかげだと思います。

お互い噛まないので、口を開けてあうあう言いあうという、不思議な状態になっています(笑)

 

2-4.3週間後、1月28日(本日)の状態

現在では、もうほとんど、私やつくねを噛むことはありません。
噛みたい気分なときは、自分でチーズを持って行って、1匹でガブガブしています。

ここ数日で噛まれたのは、私が変な体制であおむけ抱っこをしてしまった時くらい。

 

ガブリスト・ねぎまが誕生して、今日で3週間です。
噛み癖がでてすぐに対応したのが良かったのか、この3週間で、噛み癖はほとんどなくなりました。やはり、早めにしつけを始めると、改善するのが早いですね。

噛み癖が出たころは、チーズを引きずりながらくわえていたねぎまですが、最近は、引きずらずにくわえて移動できるようになりました。成長したなぁ。

噛み癖がなくなったので、先住犬との仲も修復されました。よかったよかった。

実は、ガブリエルねぎまが誕生したのとほぼ同時期に、どんどん食欲が出てきて、今ではすっかり食の権化犬と化しています。今後は、食に対して消極的だったねぎまが、どうやって、食べるの大好きな犬になったかのお話もしていこうと思います。

 

ランキング参加中!クリックで応援お願いします♪

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬と一人暮らしへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 手作りごはんへ

関連記事