一人暮らしで犬を飼うときの、冬の寒さ対策

一人暮らしで犬を飼うときの、冬の寒さ対策

こんにちわ、かわぴ@cawapiwithです!

 

そろそろ秋らしい日が、増えてきましたね。
外出するときには長袖を着ますし、寝るときもタオルケットだけでは寒くて眠れない時期になりました。

夜は、暖房をつけた方が快適な時もありますね。

これからどんどん寒くなって、冬になります。一人暮らしだと、留守の間は、家に犬だけになってしまいますよね。
その間の暖房は、どうするのが快適なのでしょうか?

暖房器具には、エアコン、ホットカーペット、ストーブやこたつなど。
いろいろな種類があります。

犬だけでお留守番をしている間は、どの暖房器具を使うといいのでしょうか?
また、どれくらいの温度設定にすると、愛犬が快適にお留守番できると思いますか?

暖房器具の種類によっては、火傷や火災が心配なものもあります。熱中症や一酸化炭素中毒になる危険性が高いものもあるので、注意して使ってください。

 

今回は、お留守番中の寒さ対策について紹介します。危険性がある暖房器具や、おすすめの寒さ対策もお話するので、愛犬が快適に過ごせるように、情報を役立ててください。

 

1.犬にとって快適な室温はどれくらい?

1-1.快適な室温は20~22度

犬がお留守番をしているとき、その子にとって安心できる室温は、普段通りの室温です。
飼い主さんが家にいるときと、変わらない温度が、一番変化が少なくて安心できます。

犬として最適な気温は、20~22度程度です。普通の犬種であれば、20度で十分暖かく過ごせますが、毛が短い犬種や、毛がない犬種は、少し暖かめを意識しましょう。

飼い主さんが家にいるときも、このくらいの室温にしておくと、普段も快適な室温で過ごせます。

とはいうものの、飼い主さんにとっての快適な室温もあると思います。我が家では、23~24度をキープするようにしています。犬としては少し高めですが、とくに暑がったり、乾燥したりしているようすはないです。

 

1-2.留守番中の火事や火傷に、注意する

暖房器具にはいろいろな種類がありますが、中には、犬の留守番中に向いていないものもあります。
犬が近くにおもちゃやブランケットを置いて燃えてしまったり、ぶつかって転倒したりしてしまうこともあります。
また、温度が高すぎるものだと、愛犬が火傷をしてしまう可能性も考えられます。

留守番中は、目が届かないし、すぐに対応ができません。
火事や火傷に注意した暖房器具を使って、冬も暖かく過ごせるようにしましょう。

 

 

2.お留守番中に使うのは危険な、暖房器具

 

 

2-1.パネルヒーター

火を使わないので、一見安全そうに見えるパネルヒーターですが、留守番中には向かない暖房器具です。
犬は、飼い主が留守の間は寝ていることがほとんどです。

パネルヒーターの前で寝てしまい、火傷をしてしまったり、熱中症になってしまったりするリスクがあります。

 

2-2.電気ストーブ

電気ストーブは、人が家にいるときでも、火災の原因になりやすい暖房器具です。冬になると、電気ストーブが原因になった火災のニュースを、よく耳にしますよね。
犬だけのお留守番中は、絶対に使わないようにしましょう。

 

2-3.石油やガスを使った、ファンヒーターやストーブ

石油ファンヒーターや、ストーブを使っていると、一酸化炭素が発生します。
なので、利用するときは、定期的な換気が必要になります。

お留守番中、犬は自分で換気ができません。一酸化炭素が充満し、一酸化炭素中毒になってしまいます。人間でも、一酸化炭素中毒になると、吐き気やめまいなどの症状がでます。後遺症が残ったり、最悪の場合は、亡くなってしまいます。

人間より、体が小さい犬が一酸化炭素中毒になったら、人間より早い時間で危険な状態になります。

留守番をさせるときに、絶対に使ってはいけない暖房器具として、注意してください。

 

2-4.こたつ

こたつが好きな犬は、多いですよね。

ですが、こたつは電熱線が熱くなって、内部を温める仕組みなので、火傷や火災のリスクが高い暖房器具です。
また、酸欠や熱中症になりやすいので、留守番中に使わないのはもちろんのこと、家にいるときも注意しましょう。

こたつがあるおうちでは、留守番の時に、こたつの電源を切ってから、こたつ布団を1か所あげる習慣をつけましょう。

 

3.お留守番中に使うのにおすすめな、暖房器具

 

3-1.エアコン

留守番中の寒さ対策で、一番おすすめなのは、エアコンです。

火を使わないから、安全性が高いですし、安定して快適な温度に設定できます。
また、タイマー機能がついたエアコンであれば、必要な時だけ、暖房を利用することができます。

火傷や火災のリスクも少ないので、留守番中には最適です。

 

3-2.床暖房

最近では、床暖房を設置している家もあるかと思います。
低めの温度で設定をしても、床から近いところにいる犬を、ちゃんと温めることができるので、とても便利です。

留守の間は、熱くなったら、自分で涼しい場所に移動できるようにしてください。
床暖房をつけない箇所を用意するか、すのこや板などで、涼める場所を用意しましょう。

 

3-3.ペット用ホットカーペット

ペット用ホットカーペットも、留守番中の暖房器具として安全性が高いものです。
火を使わないので火災の心配はありませんが、電源コードやホットカーペット自体をかじる子には絶対使わないでください。また、トイレのしつけがはいっていない子犬も危険なので、使わせないようにしてください。

ペット用ホットカーペットは、コードがカバーされているものがほとんどですが、もしもカバーされていなければ、市販のカバーで覆って、かじられないようにしてください。

また、熱くなったら、ホットカーペットから離れて、涼めるようにしましょう。

 

3-4.ゆたんぽ

お留守番中の寒さ対策として、ゆたんぽも使いやすくておすすめです。
火や電気を使わないですし、熱いお湯を入れなければ、火傷の心配もありません。

最近ではレンジで加熱して再利用できるものもありますが、昔ながらの、お湯を入れて使うものをおすすめします。
昔ながらの湯たんぽであれば、万一、ゆたんぽをかじって穴が開いてしまっても、水が出てきて濡れてしまうだけです。普通の水でぬれるだけなので、そんなに困ることも、心配もありません。

ですが、湯たんぽは徐々に冷めてしまうので、長時間のお留守番には向いていません。

 

 

3.熱くなったら、自分でも調整できるようにする

 

3-1.犬はあまり汗をかかないので、注意する

犬はあまり汗をかきません。なので、熱くなってもそのまま体温調節ができずに、熱中症になってしまいます。
暖房器具によっては、とくに熱中症になりやすいものもあります。留守番中はもちろん、家にいるときも注意しましょう。

犬の鼻が渇いているときは、乾燥気味な状態です。
水を飲むように促すか、犬用ミルクやスープを薄めたもので、水分補給を促しましょう。

 

3-2.暑くなりすぎないようにする

犬は基本的に、寒さに強い生き物です。なので、どちらかというと、暑くなりすぎないようにすることを意識しましょう。

犬の種類や、個体によって違うので、普段家にいるときから、どれくらいの気温なら快適そうか、把握しておくと安心です。

 

3-2.自分で調整ができるようにする

留守番中の室温は、普段と同じくらいか、少し低めに調整してください。
そして、もし寒ければ自分で調整ができるように、少し暖かい場所を用意してあげると、快適に過ごせます。

ハウスやクレート、もぐりこめるクッション、ブランケット。
そういうものを部屋に置いておくと、自分で使ってあたたかさを調整できます。

 

4.しっかり監視したいなら、留守番カメラやIoTを活用

4-1.温湿度計が見えるように、留守番カメラをセットすると便利

留守番中に寒がっていないか、室温は快適か、確実にチェックしたいのであれば、留守番カメラと温湿度計の利用をおすすめします。

我が家も、この二つを使って、留守番中の様子や、快適に過ごしているかを確認しています。
最近は、Wi-Fi環境があれば、簡単に設定できる、留守番カメラがたくさんあります。
その留守番カメラでみえる位置に、温湿度計を置いておくと、外出中も、家の状況が確認できます。

外出先から、温度と湿度をチェックできるグッズもあるみたいですが、留守番カメラの方が、部屋全体や犬自身の状態もチェックできて、一石二鳥だと思います。

 

4-2.外出先から調整できるエアコンもある

最近では、アプリを使って、外出先から操作できるエアコンもあります。
ご自宅のエアコンが対応機種であれば、上手に使ってくださいね。

 

4-3.インターネットにつなぐことで、エアコンを操作できるIoTもある

外出先から操作できるタイプじゃないエアコンでも、IoT(物のインターネット)技術によって、遠隔操作できるグッズもあります。
設定や利用の仕方が少し複雑になるので、IoT関係は、知識がある人の方が安心して利用できそうですね。

とはいえ、IoT技術は日々進歩しています。
ペット業界の需要も多いと思うので、留守番中のわんこや飼い主にとって、便利な技術や機能、サービスができることを期待しています。

 

 

今回は、留守番中の愛犬が、快適に過ごすための、寒さ対策や暖房器具について解説しました。
一人暮らしだと、家にいない間の状態は、なかなかわかりにくいものですよね。

参考までに。我が家は、いつもエアコンを28度にしてキープしています。24時間、私がいるときもいない時も、基本は同じ設定です。日によりますが、室温は23~24度くらいです。少し高めですが、この設定で愛犬も問題なさそうです。

 

 

ランキング参加中!クリックで応援お願いします♪

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬と一人暮らしへ

 

関連記事