犬ごはん。がんになってからの療養食

犬ごはん。がんになってからの療養食

こんにちわ、かわぴ@cawapiwithです!

 

私が手作りごはんを作るきっかけにもなった、「犬のガン」。

老犬になってからうちにきたわんこが、乳腺腫瘍になりました。手術をして、抗ガン剤治療をしたけれど、副作用がでて、弱ってしまいました。
抗がん剤治療は、ガン細胞を殺すので、薬自体が危険で扱いが難しいもの。血管から漏れたら、ほかの細胞が壊死してしまうこともあり、抗ガン剤治療中の点滴中は、看護師がほぼつきっきりです。

病院嫌いなので、病院への往復も、お預かり中も、ストレス。このまま治療を続けても、長くて半年だと、余命宣告されました。

酷いときには、朝病院に預けて夕方迎えに行く、半日入院が14日間続きました。14日間、病院では栄養をいれる点滴だけで過ごし、お迎えに行くと険しい顔でした。家に帰りついて、やっと安心した顔になっていました。老犬でガンの進行も遅いし、これ以上ストレスは与えたくない・・・。それが、抗がん剤をやめた理由です。

 

1.ガンになっても、諦めない

 

1-1.治療はやめたけれど、楽しい生活は諦めない

抗がん剤治療はやめましたが、それは決して、わんこの病気や生活を諦めるための決断では、ありませんでした。
むしろ、楽しい生活を諦めないための、決断でした。

そのわんこは、元々老犬になってからうちに来た犬で、前の飼い主さんからはひどい扱いを受けていたようです。
足や、振り上げた手を、怖がっていました。
猫を見ても無反応なくらい、あまり感情がありませんでした。

そのわんこが、うちにきてから、少しずつ感情を表に出すようになっていたのです。

いままで辛い環境で育ってきた子に、これ以上辛い治療はさせない。だけど、日々は楽しく送るために、抗がん剤治療をやめました。

 

 

1-2.食事療法で、ガンに対抗

抗がん剤をやめることになって、ガンに効く食事療法について、調べ始めました。

私の母は調理師なので、元々、食材や栄養についての知識はある方でした。
ですが、犬のガンに対してはどういう食材が効果的なのかまでは、さすがに知りませんでした。

本を片手に、試行錯誤しながら、食事療法を始めました。

同時に、笑顔で過ごしたり、優しくなでたり、楽しいことを増やしたりして、免疫力を高めることも意識するようにしました。

 

 

1-3.健康な人や犬にも、ガン細胞は生まれている

そもそも、普通の健康な人や犬の身体にも、日々ガン細胞は生まれています。
ですが、それを正常に排除できているので、ガンにならずに過ごせているのです。

つまり、ガン細胞を排除する機能を高めれば、ガンの進行が遅くなり、元気に過ごせるようになるのではないかと考えました。

 

 

 

2.ガンのわんこにおすすめの手作りごはん食材

 

2-1.食物繊維で、老廃物の排出を促す

・きのこ類
食物繊維が豊富なきのこ類は、腸内にたまった有害物質や老廃物を、身体の外に出してくれます。
また、きのこ類にふくまれる「グルカン」は、強い抗がん作用があります。
ほとんどのきのこに含まれていますが、まいたけには特に多く含まれるので、積極的に食べさせてあげてください。
また、きのこ類の成分は、水に溶けだしやすいので、煮汁ごと与えましょう。

・ごぼう
ごぼうといえば、食物繊維が多い野菜の代表ですね。
ごぼうには、水溶性・不溶性両方の食物繊維が含まれているので、体内の老廃物排出に、非常に効果的です。
水溶性食物繊維であるイヌリンは、腎臓の機能も強化してくれるので、ガンのわんこにぴったりな食材といえます。
消化しやすいように、小さく切るか薄くして、食べやすい状態にしてから、食べさせてあげてください。

 

 

2-2.細胞を傷つける活性酸素を減らす、抗酸化物質の多い食材

・かぼちゃ
3大抗酸化ビタミンと呼ばれる、「ビタミンC」「ビタミンE」「βカロテン」を含む、かぼちゃ。
かぼちゃんに含まれるビタミンCは熱で壊れにくく、また、ビタミンEには血行を良くする働きもあります。
βカロテンは、免疫力を上げるだけでなく、発ガン抑制の効果もあります。βカロテンは、油と一緒に食べると、吸収率が良くなります。

・ブロッコリー
ブロッコリーは、ビタミンCの含有量が野菜の中でトップクラスです。
活性酸素からの害を防ぐことで、細胞を傷つけさせないように守ります。また、免疫力を強化する効果も高い食材です。
緑黄色野菜なので、かぼちゃ同様にβカロテンが豊富に含まれています。
また、ブロッコリーの新芽である「ブロッコリースプラウト」には、「スルフォラファン」と呼ばれる強力な抗ガン物質が、ブロッコリーの20倍含まれています。

 

 

2-3.リンパ球を正常に働かせる、ビタミンミネラルが豊富な食材

・小松菜
ビタミンもミネラルも豊富に含み、栄養価が高い小松菜。
カルシウムの含有量が特に多いですが、他にも、亜鉛やカリウム、鉄、銅リン、ビタミンCなど、様々な成分を含んでいます。
肝臓の機能を高める効果もあるので、ぜひ食べて欲しい野菜です。

・海藻類
ビタミンやミネラルが不足すると、リンパ球が正常に働かなくなってしまいます。
「海の野菜」とも呼ばれる海藻類には、肉や魚、野菜では不足しがちなミネラルが、豊富に含まれています。
食物繊維も豊富なので、食事にとりいれてみてください。

 

 

 

 

最初にガンだと聞いたときは、正直、ガンの摘出と抗がん剤治療しか、考えていませんでした。
ですが、抗がん剤の副作用がでてしまい、楽しく過ごす日々を優先させるために、治療をやめました。

楽しく過ごすための抗がん剤治療中止だったので、「ガンでも諦めなくてもいい」と思って食事を作り続けました。

飼い主が、余裕をもってにこにこしながら過ごすことで、愛犬にも安心感を与えられます。

結果的に、長くても余命半年といわれたわんこが、4年も元気に生きられました。
食事以外でも、免疫力を上げるようにはしていましたが、犬ごはんを手作りするのならば、できるだけガンに効果的なものを食べさせたいですよね。

ガンとの闘いは長期的になりがちなので、具体的な食材や調理を紹介したいと思っています。
うちの犬ごはんを「ガンに効果的な、リアル1か月レシピ」にしたら、わかりやすいかなぁ・・・。

 

 

ランキング参加中!クリックで応援お願いします♪

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬と一人暮らしへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 手作りごはんへ

 

 

関連記事