一人暮らしですが、2匹目の犬をお迎えすることになりました(久しぶりの多頭飼い)

一人暮らしですが、2匹目の犬をお迎えすることになりました(久しぶりの多頭飼い)

こんにちわ、かわぴ@cawapiwithです!

 

12月5日に、

という記事を書きました。
実はその数日後である、12月8日に、気になるわんこと出会いました。
(2匹目検討の理由は、上の記事をご覧ください)

 

ペットショップのケージ(檻)の間に1匹、子犬がいて、その子犬が偶然にも、私が求めていたパピヨンの男の子だったのです。
「どの犬種に運命を感じるかわからないけど、パピヨンだったらいいなぁ」くらいに考えていたのに、気になった子が偶然にもパピヨン。

ですが、最初の犬をお迎えした時のような、ビビっときた感覚はありませんでした。
最初のわんこと出会ったときは、「この子がいい!!」と瞬間的に感じたので。

ですが、今回はそれがありませんでした。なんとなく気になる・・・他のおうちに行ってしまったらなんだか嫌だ・・・。そんな感じでした。

なので、即決はせずに、1週間ほど考えて、お迎えを決意しました。

 

1.一人暮らしで、多頭飼いは大変

 

1-1.一人暮らしで、4匹の多頭飼い経験あり

プロフィールに書いていますが、犬3匹と猫1匹の、4匹を多頭飼いしていた経験があります。

そのうち2匹は、保護犬の老犬でおとなしく、病気しがちな子たちでした。なので、多頭飼いの大変さは嫌というほどわかっています。

家の中で大騒ぎされることはありませんでしたが、食事にトイレに病院にと、やることはたくさんでした。
とくに、老犬の1匹がガンになって、食事療法に切り替えてからは、毎日の食事が手作りになったので、慣れるまではとくに多忙。一人暮らしの活動量じゃないくらい、せっせと動き回っていました。

 

1-2.多頭飼いは、正直大変

5~6年くらい、4匹で過ごしました。
常に誰かしらが、体調を崩しているような状態で、とても大変でした。

ですが、どの子もとても大切でかわいくて、大事に大事に育てていました。3匹を家で、私が看取れたことは、今でも良かったと思っています。

最期に愛猫を看取ってから、ずっと犬の2匹目は検討していました。
ですが、運命的な出会いがなく、ちょうど愛犬が僧帽弁閉鎖不全症(心臓病)になったこともあり、それどころではありませんでした。

 

1-3.今がギリギリのタイミング

僧帽弁閉鎖不全症が極初期状態のまま、進行せず、1年が経ちました。
愛犬は、現在10歳です。

今でも元気に走り回っていますが、10歳というと立派なシニア犬。いつまで遊んで回れるかも、わかりません。
体力がなくなると、元気な子犬の相手をするのが、辛くなってしまいます。

なので、2匹目をお迎えするなら、今がギリギリのタイミングです。

 

 

2.愛犬の幸せを、考えると・・・

 

2-1.1匹目の子の幸せは?

パピヨンの子犬と出会って、愛犬は、今のままが幸せなのか、2匹目をお迎えした方が幸せなのか、悩みました。
犬はしゃべれないので、直接聞くことができません。

愛犬の次にうちにきた愛猫とは、とても仲が良かったです。小さい頃はよく一緒に遊んでいました。
ですが、犬と猫の差があり、犬は高いところには行けないので、徐々に一緒に遊ぶことはなくなってしまいました。

保護犬2匹は、うちに来た時点で老犬だったせいか、他の犬と遊んでこなかったせいかはわかりませんが、愛犬と遊んだことはありません。

なので、普通の子犬がうちに来るのが、愛犬の幸せになるのかどうか悩みました。

 

2-2.私を独占できる方が幸せ?

4匹から1匹になった今、愛犬は私を独占しています。
かまってもらうのが好きなわんこなので、もしかしたら、私を独占できている今が幸せなのかもしれません。

他の犬と遊ぶより、ずっと私を独占して、1匹でいる方が幸せな可能性もあります。

 

2-3.犬が増えた方が、一緒に遊べて幸せ?

元々子犬のころからドッグランによく行っていたこともあり、犬同士での遊びには慣れています。
コミュニケーション能力も、高いようです。

ドッグランに行くと、帰り道で寝てしまうくらいにはたくさん楽しんできます。その寝顔を見ていると、遊ぶのが好きなんだなぁと感じずにはいられません。
なので、家にもう1匹わんこがいれば、一緒に遊べるので、今までより楽しく過ごせる可能性もあります。

 

 

3.一人暮らしで2匹の犬を飼うにあたっての、心配事

 

3-1.2匹は仲良くしてくれるのか

2匹の相性はとても大切ですが、こればかりは、お迎えしてみないとわかりません。

愛犬は犬と遊び慣れたわんこなので、距離感や遊び方は心配していません。ですが、新入りさんは子犬。犬と遊ぶのは好きらしいですが、まだ遊び方も慣れていないはずです。
その辺りは、先輩である愛犬に、ご指導を任せようと思います。

猫とは仲良くやれていたし、老犬2匹とはほどよい距離感で過ごせていたので、愛犬を信じます。

 

3-2.2匹分のお金がかかる

犬が2匹になると、当然2匹分のお金がかかるようになります。
食事やペットシーツ、予防接種やワクチンの費用も、2倍になりますね。

どちらかが病気をすることも、考えられます。

お金の心配はなかなか尽きないものなので、がんばって働いて、貯金に励みます。

 

3-3.コロナや地震で不安な中、2匹も守れるか

コロナや不景気で、先が見えない状況です。
私は東京都内在住なので、首都圏直下地震も怖いなぁと思っています。

そんな中、2匹を守れるか・・・これはもう、腹を括るしかない問題な気がします。
貯金もするし、副業もして、がんばって2匹を守れるようにします。
地震の時は、元から可能な限り自宅で過ごす予定だったので、2匹でも変わりません。備えをより強化しますが。

 

 

4.2匹目をお迎えすることを、決意した理由

 

4-1.2匹目の子にも、運命を感じた

最初の愛犬と出会ったときのように、衝撃的ではありませんでしたが、2匹目の子にも運命を感じました。

よく考えると、ペットショップで店員さんにお願いして、中から出してもらったのは、愛犬以降初めてのことです。
普段はペットショップを見ても、「うちの愛犬が一番かわいい!」と思って、早く帰りたくなるだけでした。

2匹目の子が、たまたま変なところにいたから目にとまったことや、一番好きな犬種であるパピヨンだったこと。しかも、選ぶ予定の「男の子」だったこと。
初めて会って以来、ずっと2匹目のことが気になってしまいました。

動画や写真を見返したり、悩んだり。その間に、他のおうちに行ってしまったらかなしいなぁと思ったり。

1週間ほど悩み、これは運命なんだと信じることにしました。

 

4-2.犬同士で遊ぶ、楽しみを優先

愛犬が、2匹目についてどう思うかが、最大の懸念点でした。

悩んでいる最中、過去の写真フォルダをみて、「犬同士で遊ぶ楽しみを、優先させよう」と思いました。
ご挨拶も上手だし、たくさんのわんこに囲まれても大丈夫です。走り回って遊ぶのも、大好き。

愛犬がドッグランで遊んでいる写真です。
こんなに犬同士で楽しく遊べるのなら、2匹目とも楽しめるだろうと思い、決断しました。

 

4-3.ペットロスが怖いという、私のエゴ

決意する理由のひとつには、私のエゴもあります。
そもそも、ペットを飼うこと自体が、エゴだという考え方もありますが・・・。

私は愛犬のことが、とても大事でかわいくてたまりません。
なので、愛犬に何かあったら、正直どうなるかわからないのです。

そのときに、2匹目がいれば、生きていく希望にはなるはずです。
ペットロスが怖いという、私のエゴも、2匹目をお迎えする理由のひとつです。

 

 

今回は、一人暮らしの多頭飼いと、2匹目のお迎えについてのお話を、させていただきました。

そもそも一人暮らしで犬を飼うこと自体、かわいそうだと思われてしまうこともあります。
ですが、4匹飼っていた時でさえ、かわいそうな子は1匹もいなかったと、自信をもって断言できます。

体調を崩してしまったみたいで、まだうちには来ていませんが、2匹目のわんこも、大事に大事に、育てていきますね。

 

ランキング参加中!クリックで応援お願いします♪

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬と一人暮らしへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 手作りごはんへ

関連記事