冬に気を付けて欲しい、犬の病気や症状

冬に気を付けて欲しい、犬の病気や症状

こんにちわ、かわぴ@cawapiwithです!

最近毎日寒いですね。
秋服冬を衣替えしている最中が、一番、服がごちゃつくのは我が家だけでしょうか?

コートとかニットとか、場所をとりがちなので、なかなか片付きません。
あまりに寒くなってきたので、もう、秋服は片づけてしまおうかと検討しています。

さて、犬は寒さに強いといいますが、おうちで飼われているわんこは、かならずしもそうとは限りません。
寒さや乾燥によって、体調を崩したり、病気になったりするので、注意してください。

今回は、大事な愛犬のために、冬に気を付けておいて欲しいことについて、紹介します。

 

 

1.冬の乾燥で、おこりがちな病気や症状

 

1-1.気管支に負担がかかる

乾燥していると、のどをはじめとした気管支に、負担がかかります。
空気中にウイルスや細菌が含まれていても、のどの粘膜でうけとめて、身体の外にだす役割があります。
ですが、気管支が弱っていると、ウイルスや細菌を身体の外に排出できないので、風邪をひいたり感染症にかかったりするリスクが上がります。

また、のどが乾燥して腫れたり、痛みが出たりすることもあります。
犬はのどが痛くても、自分で説明ができません。なので、部屋が乾燥しないように、飼い主さんが注意してあげてくださいね。

 

 

1-2.皮膚炎になりやすい

冬は、乾燥から皮膚炎になる犬も増えます。
肉球が乾燥でカサカサになる子は、特に多いのではないでしょうか。

ほとんどの犬は体毛があるので、皮膚の乾燥には気づきにくいです。
同じところをしつこくかいていたり、ふけのように皮膚がはがれていたりしたら、病院に連れて行ってあげてください。

乾燥からの皮膚炎であれば、塗り薬で治ることがほとんどなので、早く不快感を解消してあげましょう。

 

 

1-3.肉球が乾燥する

肉球が乾燥すると、気になって舐めてしまうことが多々あります。
舐めるとさらに乾燥して、ひどくなると、皮がむけて、炎症を起こしてしまいます。

うちの愛犬も、毎年冬は肉球が乾燥しがちです。

肉球が乾燥すると、炎症がおきるだけでなく、床を歩くときに滑りやすくなり、怪我をしてしまうリスクも高まります。
早めに、乾燥対策をしておきましょう。

 

 

1-4.冬は犬風邪、ケンネルコフにかかりやすい

ケンネルコフとは、犬風邪のことです。
成犬よりも子犬の方が、感染しやすいですね。

人間の風邪と同じで、咳をしたり呼吸が苦しそうだったり、熱が出たりします。
ですが、人間の風邪と同じように考えて「風邪ならそのうち治るかな」とは考えず、必ず病院に連れて行ってあげてください。
重症化すると肺炎を起こす可能性があるので、早めの対応が大切です。

 

 

 

2.冷えは万病のもと!特に老犬や病気のわんこは注意

 

2-1.血液の循環が悪くなって、免疫力が落ちる

冬になると、乾燥するし気温も下がります。
血流の循環悪くなると、免疫力が落ちてしまいます。高齢犬や、持病があるわんこは、気を付けてください。

感染症対策をしたり、身体を温めたりして、元気に冬を乗り切りましょう。

 

 

2-2.身体が冷えると、心臓に負担がかかる

寒いときは、血管が収縮して血圧があがり、心臓に負担がかかるのは人間も犬も同じです。
心臓病もちのわんこは、気をつけましょう。

心臓病がないわんこでも、温かい室内から、寒いお外へ出るときは、注意してください。
寒暖差が激しいと、急激に心臓へ負担がかかります。
外出するときは、温かい室内から老化や玄関で徐々に寒さに慣らしたり、寒さを感じにくいように服を着させたりするのがおすすめです。

関連記事

 

2-3.関節炎やリウマチで、関節痛がおきやすい

寒さで血行が悪くなると、筋肉への血流が減るので、関節痛がおきやすくなります。
元々関節炎や、リウマチなどの持病があるわんこの飼い主さんは、意識してみてあげるようにしてください。

血流が悪くなっているのが、痛みの原因です。スキンシップをとりながら優しくマッサージしてあげると、痛みが和らぎます。
また、スキンシップをとっていると「オキシトシン」といわれる、痛みを和らげるホルモンも出るので、効果的です。

関連記事

 

2-4.冬はおなかをこわしやすい

冬におなかを壊しやすいのは、人も犬も一緒。
おなかを冷やしたり、冷たいものばかり食べないように、注意しましょう。

フードを食べさせている飼い主さんは、少しぬるま湯でふやかしてあげるといいですよ。ごはんが温かくなるし、水分の補給もできます。
手作りごはん派の飼い主さんは、冷蔵庫から出してすぐの、冷たいごはんを与えないようにしてください。少し温めてあげてくださいね。

 

 

 

3.熱中症や、脱水に注意。膀胱炎や尿結石のリスクアップ

 

3-1.暖房で、熱中症になる危険性

冬の間、お外は寒くても、室内は暖房がついているおうちがほとんどかと思います。
ヒーターの前を陣取っているわんこや、こたつを満喫しているわんこの写真を、よく見ますよね。

暖房器具の前は暖かくて、快適です。
ですが、長時間暖房器具の近くにいると、冬であっても室内で熱中症になってしまいます。

特に老犬は、暑さに鈍いうえに、あまり動かないので、飼い主さんが注意してみておいてあげてください。
涼しい場所に移動したり、ちゃんと水分をとったりしていたら問題はありません。

 

 

3-2.意外と注意が必要な「脱水症状」

寒いと犬はあまり動かなくなります。
なので、あまり水を飲みにも行かなくなり、気づいたら脱水症状になっていることもあります。
普段より、水を飲む量が減っていないか。トイレの回数や量が減っていないか、チェックしてください。

 

 

3-3.膀胱炎、尿結石にも注意

脱水症状が続くと、膀胱に尿がたまっている状態がつづきます。膀胱内で細菌が増えることで、膀胱炎になります。
また、膀胱の中に結石ができる「尿結石」になるリスクも上がります。

一時的な膀胱炎であれば、1週間程度の投薬で治りますが、慢性化したり再発したりする可能性もある病気です。
冬の間は、トイレシーツを変えるときに、頻度や色をしっかり確認してください。

 

 

 

4.元気に冬を乗り越えるために、おすすめの方法

 

4-1.湿度を50~60%くらいに管理する

犬にとって快適な湿度は、50~60%です。この湿度だと、ウイルスや細菌の活性化も抑えられます。

室内に温湿度計を設置すると、わかりやすいのでおすすめです。
加湿器を使ったり、濡らしたタオルを干したりして、室内が乾燥しすぎないようにしましょう。

 

 

4-2.犬用ミルクやスープを与える

水をそのまま与えても、自分から飲まない犬には、犬用のミルクやスープを与えるのも、水分補給の手段です。
あまり水を飲んでいないようなら、検討してみてください。

種類によっては、カロリーが高めのものもあります。
少し薄めにしたり、量を調整したりして、カロリーオーバーにならないようにしましょうね。

 

 

4-3.マッサージやブラッシングで、血行促進

マッサージやブラッシングをすると、血行が良くなります。
血行が良くなると、体温が上がったり、免疫力が上がったりするので、短時間でもいいので、ぜひ積極的に取り入れてください。

マッサージやブラッシングは、冬の間におすすめなコミュニケーションです。

 

 

 

今回は、冬の病気や、起きやすい症状について紹介しました。

冬は人間でも、乾燥で肌が荒れたり、のどが痛くなったり、感染症が流行したりしますよね。
わんこも、同じなんです。

犬は自分で、室温や湿度を管理できません。
水分の補給も、無意識に行っているので、脱水状態になっても、気づきません。

なので、飼い主さんが注意深く愛犬を見て、快適に冬を過ごせるようにしてあげましょう。

 

ランキング参加中!クリックで応援お願いします♪

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬と一人暮らしへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 手作りごはんへ

関連記事